読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacBook Proの最適な据え置き電源を考えてみた(Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery)

PC PC-Mac PC-Mac-アクセサリ

はいさい,エクスカリパーです.

 

前回はMacBook Proのモバイルバッテリーについての記事だったわけですが,

 

今回は,MacBook Proの据え置き電源について考えてみました.

 

 

最新のMacBook Pro 2016は,先代までのMBPと絶対的に違うのが,

サイズと重量でしたよね!!

 

そのサイズ感については,前記事にてレビューを投稿済です. 


で,その軽量&コンパクトになった最新MBPを持ち歩く方も多くなるのでは思います.

 

また,充電用ポートがMagSafe2ではなく,USB-Cポートが採用されていますので,

モバイルバッテリーも選びやすくなりました!!

 

ということは...

 

自宅と職場でACアダプターを常備したほうが便利ではないか!? というわけです.

 

当然,純正のACアダプターは付属しておりますので,もう一つを購入して違う場所に常設しておく!!

という,運用方法が可能になってきました.

 

ACアダプターでどれ買えばいいの?? 

 

それでは,どのACアダプターを購入すればいいのか...

純正?? 

f:id:akiho0119:20170305215330p:plain

7,400円(税抜)!!

高っ!!

 

ということで,やっとご紹介!! 

『Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery』

しかも,最大2.4Aの急速充電が可能なUSB-Aポートが4つついています.

  

f:id:akiho0119:20170305212336j:plain

USB PDと記載されているポートが,USB-Cです.

あと,Anker独自の急速充電 Power IQに対応しているUSB-Aポートが4つあります.

 

f:id:akiho0119:20170305212354j:plain 

USB-Cのアウトプットは,5V, 9V, 15V と可変電圧なんですね.

あと,Power IQのアウトプットは5V 最大2.4Aです.

 

Power Drive対応のUSB-Cケーブルを使用すると,

45ワットで充電が可能です.

f:id:akiho0119:20170305212433j:plain

 

ここで,前にレビューした 『RAVPOWER RP-PB058 26800mAh』の付属品のケーブルを使ってみました.

※付属するケーブルの両端は,USB-AとMicro-USBです.

 

実験1.付属ケーブルの両端をUSB-C変換ドングルにしてみました.

f:id:akiho0119:20170305212515j:plain

 残念ながら,認識されません...

 

実験2.付属ケーブルのMicro-USBをUSB-C変換ドングルにしてみました.(Anker側がUSB-A)

f:id:akiho0119:20170305212553j:plain

なんと,12ワットで給電されています!!

(あまり,意味はないかと思いますが...)

  

USB-Cケーブルはどうする??

今回は,国産ブランドということで,ELECOMのUSB-Cケーブル(USB3-CCP05NBK)を購入しました.

 

が,しかーし,ちょっとというか,かなりお値段高い~!!

 で,ポイントは,USB Power Delivery対応ということのようですので,

 

『Anker PowerLine+ USB-C & USB-C ケーブル』とかが値段的によさそうです!!

しかも,ポーチつき!! 

  

まとめ

 

『Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery』はいいぞ~

 

USB-Cケーブル選びのキーワードは『Power Delivery対応』!!

 

 

次は,MacBook Proを使う時のUSBメモリについて書こうかな...

広告を非表示にする